肥田式の鍛錬に当たって

肥田式の鍛錬に当たって

肥田式を学ぶに当たって肥田先生はどのように肥田式を作り上げて来られたのかを理解することで今後の学び方が違ってくると思います。

宇宙倫理の書 「宇宙への旅」 「宇宙の最終目的」をダウンロードして参考にして下さい。力は自分で作り出すものではない。身体は宇宙からの受信機であると。

脳幹部の思考停止は受信機を最大に活用できる方法になります。一般の能力開発は外から入れようとしますが、結果的な知識を学んでも役にはたちません。肥田式の学びは外ではなく内に求めて行きます。それを機械的に{虚}にすることで脳力を引出そうとするのが肥田先生が編み出され強健術です。
今まで概念的に虚にするには静かに座ることでしたが、肥田先生は動の中で虚をつくった方が効果が上がることを中心鍛冶法の中で実験をされ、確認をされている。
肥田式が動的禅、武禅ともいわれているのもこのためです。
肥田先生が会得された脳力は肥田先生にだけ備わっているものではなく、人間誰もが持っている力であるということです。
今後の鍛錬にお役立て下さい。

平日の鍛錬日には中心鍛冶法も行ないますので、鉄棒をご持参ください。

宇宙倫理の書は下記からダウンロードできます

 https://www.amazon.co.jp/dp/B07ML43X3H/ref=pe_492632_166382082_TE_M1DP

 

たなか 幽月

(Comments are closed)